2014年06月26日

SVGMAP よくある質問(Q&A)

Q1:室内で使用できますか?
A:使用できません。
SVGMAPはGPSを利用している為、室内では位置情報を正しく取得する事が困難だからです。
室内対応は未定ですが、対応する予定はございます。

Q2:Android版は?
A:ご要望の多いAndroid版ですが、GALAXY機種等、端末をある程度限定した形で、7月上旬までにはリリースする予定です。
その後、少しづつ検証して公称できる対応端末を増やしていく予定です。

Q3:フィールドが登録されていない場合は?
A:SVGMAPのマップには2つの登録マップがあります。
ひとつは、弊社がフィールド取材を行ってフィールド運営者様からの確認を頂き、外郭や主要建物等を書き起こしたオフィシャルマップ。
もう一つが、GoogleMAPの航空写真を利用し、ユーザ様が都度任意に範囲を指定して使用する簡易マップです。
ですのでフィールド未登録の場合は、簡易マップにて範囲指定して頂く事でご利用は可能です。
(航空写真の状態にもよりますが、市街地フィールドではそのまま利用できるケースも多いです。逆に森林フィールドには不向きになります。)
全国のフィールドを登録して回りたい気持ちは多いにございますが、現実的にはなかなか難しいのが正直なところです。

そこでフィールド運営者様、またはフィールド運営者様に委任されたユーザ様にマップ作成ツールを公開する準備を進めておりますので、こちらを利用すればオフィシャルマップの作成を弊社が行う事が可能になります。
詳細は追って報告させて頂きます。

Q4:電池の消耗は?
A:GPSを利用しながら位置測位を行うので、電池消耗は激しいです。
これはアプリ仕様上、対応策も少ない状況です。
また市街地から離れた場所にあることが多いサバゲーフィールドは近くに携帯電波基地局が無い場合があり、その状況では携帯は電波出力を強くして通信しようとので電池の減りが激しくなります。同じ理由でGPSシグナルが弱い場合も同様です。
以上の理由から、電池消耗に関しては環境に左右される場合が多く、長時間ご利用頂く為には、外部バッテリーを接続しながら使用して頂く等の工夫が不可欠になってきます。

Amazonオススメバッテリー検索⇒

Q5:SIM無しのスマホでも使えますか?
A:SIM無しのスマホですが、アクティベーションされていてネットに繋がる状況であれば使用できます。
ただしGPSで取得した位置情報に対しての補正方法が携帯基地局で行う方法とWi-Fi位置で行う方法とでは異なるので、お仲間がSIM有りで使用している場合は、自分のマップ上の位置がズレる可能性がございます。

Q6:ゲーム中のスマホ装着方法は?
A:ランニング用のアームバンドを利用して使うのが一般的だと思っています。
アームバンドはAmazon等で「アームバンド」と検索して頂ければ数種類出てきますのでサイズさえ合えば十分に使用できました。ポイントは腕にしっかり固定出来る事と、スマホ操作が邪魔にならない保護ビニールのものを選ぶことだと思います。

Amazonアームバンド検索⇒

その他の装着アイテム例⇒

Q7:スマホを被弾から守る方法は?
A:被弾でのガラス面割れが心配な方は、衝撃吸収フィルムを貼ると防御策になるのではないでしょうか。
衝撃吸収フィルムを貼ったスマホの耐衝撃テスト映像がありましたので参考にしてください。



Amazon衝撃吸収フィルム検索⇒


この記事へのコメント
埼玉のoasisもお願いします
Posted by 多利田 at 2014年07月18日 17:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。